2007/10/21

まずはじめに、前提として。

私は根っからのビジュツオタクです。そう、きっとオタクに違いない。と、思います。


作品と出会うことで、それまでの自分が一歩前へ進めるような感覚、一瞬にして心を奪われてしまう衝撃、拒絶反応と嫌悪感・・・様々な感情が湧いてきます。それが病み付きで、離れられない。


私は「アート」という言葉を使うのは好きじゃない。あまりにも言葉が漠然としすぎていて、私の思う「アート」と相手の捉える「アート」が同じ次元のものでないような気がします。


私がこの先、何をどう捉えていくのか、一度頭を整理しておきたい。そんな気持ちで綴るために、1カテゴリー作りました。

たぶん、かなり、偏るけれど。