2008/12/14

桑原弘明展 Scope

手のひらにのる小さな小箱。

そっと覗き見をする感覚。


小さなひとつの箱の中には、いくつものストーリーが秘められていて、
ライトを照らすごとに、ひとつひとつが浮かび上がってくる。
人工的な光の中が煌煌としてたり、夕方の西日が射したり、
月の光に照らされたり、ロウソクに火が灯ったり、
ドアの向こうの明かりが漏れてきたり。
大天使ミカエルが現れたり。
光源が変わるごとに、部屋の表情もガラリと変わる。


自分の知っている感覚すべてを箱の中に集中させて、
光が作り出す空間にそれを乗算すると、
物語が生まれる。

こんなに小さな箱の中に、とてつもなく大きな空間と時間が広がっている。


片目に全神経を集中させて、ぽかんとする。
そんな衝撃。

不思議な部屋に迷い込んだ、物語の主人公。
そんな気分。


静かな大興奮に襲われた。


----------
桑原弘明展 Scope
@ギャラリー椿
2008年12月20日(土)まで
----------

0 件のコメント: