2011/06/09

パウル・クレー|おわらないアトリエ

展覧会は編集。
作家が制作したものを、どのようにみせるのか、が展覧会の大きなポイントだと思います。

今回の「パウル・クレー|おわらないアトリエ」展では、大まかに、アトリエの中、制作プロセス、そして特別クラスと名付けられた作品群の3つに分けて展示されています。

特に興味深いのが、制作プロセス。
個々の作品がどのような制作過程を経て完成されたのか、そこにクレーの試行錯誤や閃きが表れています。
疑問に思ったのは、転写する際の手の圧か何かの擦り跡までもが、黒く写っていること。私はカーボン紙のその部分が嫌いなのだけど、クレーは気にしなかったのか、それもまた味としたのか。

これらの制作過程を垣間見ていると、切ったり貼ったりと自分も手を動かしたくなる衝動にかられました。

クレーの小品からは、制作への欲求とスピードを感じました。裏側にも描いたのは、今すぐにでも描き留めたいという抑えきれない意欲からのようにも思えました。

"特別クラス"とクレー自身が分類して、手元に置いておいたという作品群は、どれも個性が強く感じられる濃い作品ばかり。
ゴルゴタへの序幕》は、吸い込まれるような赤色と緻密に描かれたイエスにクラリとしました。宗教的な題材も珍しいような気がします。

会場も、クレーのコンポジションの中に迷い込むようなつくり。
番号を確認しながら素直に壁沿いに沿ってすすんでいけば順路を間違えることはないとは思いますが、わかりにくいのも事実。壁の番号をセクションごとに色分けするなどのもう一工夫が必要だったと思います。

順路を気にせず自由にみるのも展覧会の見方ではありますが、これは順路通りに、編集に沿った方がより楽しめる展覧会です。入り口にある会場図には順路が矢印で示されているので、それを参考にしてください。


----------
パウル・クレー|おわらないアトリエ
@東京国立近代美術館
2011年5月31日(火)→7月31日(日)
----------
平日でも割と混んでいたので、ウェブサイトで予習をしてから行くといいかもしれません。
ソファも椅子もないので(6月9日現在)、出口までがんばりましょう。