花咲く水槽

画家・池平撤兵と音楽家・gOのコラボレーション個展(なんて表現はちょっとおかしいけれど)。


部屋いっぱいに広がる蒼い絵を眺め、スピーカーからこぼれ落ちる音に耳を澄ますと、

心地よい水中、花咲く水槽に潜っていける。





この水槽は、絵だけでも、音だけでも、成立しない世界。

絵が音に依存するわけでもなく、音が絵に依存するわけでもなく、

二つが緊張感のある程よいバランスで寄り添っている。

絵と音がぶつかり、解け合い、水槽を美しい花と美味しい水でいっぱいにしている。

音が響いて返ってきたり、熊が眠っていたり、象が生んだり、貝が鳴ったり。

撤兵さんの絵は、深く蒼く、透き通っている。しんと静まり返った真冬の深夜の星空のような。でも冷たくはない。

gOさんの音は、どこか懐かしく、吸い込まれる。ポロポロとこぼれる音を、手のひらですくう要領で聞く。gOさんの歌は脳に住み着く。

絵と音の展覧会だけれど、なぜか五感が研ぎ澄まされるのは、

彼らが五感をフル稼働させて感じたことを表現しているからだろう。

アーティストトークを聞けば、もっと作品の奥に進んでいける、そんな展示です。


----------
「花咲く水槽」

@Gallery Conceal
2008年 1月6日(日)→1月12日(土)

絵画 池平徹兵
音楽 gO
----------

▶ LIVE & ARTIST TALK
1月6日(日)、 1月12日(土)7pm~
1500円/1ドリンク