頭がでかすぎるとバランスが悪い

久しぶりに、日曜美術館を見ました。途中からでしたが、アングルの裸婦の特集。

ぼんやり見ながら、感じたこと。

なぜ、こんなにも真面目くさってお勉強色が強いのだろう?


もともとそういう趣向の番組だけれど、作品の分析や解説と、スタジオでのトークを見ていても、へぇ。と思うだけで、だからどうしろというのだろう?と思ってしまいました。篠山紀信、もう少し面白いこと言ってほしいのに、とか。
知識を入れたい人が見る番組かもしれませんが、知識を入れたところで作品を見れるようになるわけではありません。それをふまえたうえで・・・とういうところが自分の目で作品を実際に見るということだと思います。展覧会で持てるだけの知識を連れの人に披露している人がいますが、自分の感想や感動について述べている人にはなかなか遭遇しません。もちろん、ある程度の知識は作品の幅を広げてくれるものだからあるに越したことはないけれど、頭でっかちになってしまっては、生の作品の匂いに気付けなくなってしまうと思うのです。それならお金を払って展覧会に足を運ばなくても済むこと。でっかくなった頭をしっかり支えられるだけの身体も必要。

学術志向もいいのだけれど、もう少し、楽にタフにアートを扱うメディアが増えてもいいのにね。発信先のほとんどは研究者ではないのだから。
すんなり楽しめる娯楽的なものがあっても悪くないと思います。遊びつつアートの質を落とさない制作はとても大変だろうけど。

アートは崇高なものでちょっと難しいもの。番組を見ていて、そう演出されてしまっているような気がしました。それじゃどうしたってアートに対する敷居は高いまま。そこまでかしこまって接しなければいけないものではないのに。そういう演出や先入観のようなものを壊していかないと、いつまでたってもアートは結局は閉じたままだと感じます。

そういえば、この前のブルータスの仏像の号に、仏像に関するQ&Aの記事の中でこんなコピーがありました。
『Q. なんでゴールドなの?』『A. 悟ると光るんです。』

仏像の造形においてとても重要なことを、的確にサクッと流してしまうくらいのキャッチ。もちろんそこそこに詳しい話も本文中には書かれています。
これくらいの感覚でアートを紹介するTV番組があってもいいのにね。